日記で備忘録なライフログ

タイトル通りの日記のような備忘録のようなライフログのようなブログです。

「auひかりの勧誘が詐欺的で悪質なのでKDDIとJTA株式会社にクレーム01」からの続きです。

まずこんな手法で契約数を伸ばしている外注業者が居ることを知っているのか、KDDIお客様センター(0120-22-0077)に電話して聞いてみました。

KDDIお客様センターとの問答は下記の通り
■【私】から【KDDI】に話したこと。
・マンション共有部のインフラ工事に関する要件と言われて対応したのに、単なるそちらのauひかりのセールスの訪問でした。

・マンション設備に関することなので、さも対応して当然という態度でした。

・訪問業者はJTA株式会社でした、KDDIと初めは名乗っていましたが。

・KDDIはそんな商売をしているのですか?

・これで同じ手口の営業、2回目なのですが。

・1回目でもう来ないと口約束したのに、無視して2回目が来たので、この件の返事(経緯の説明、謝罪などあれば)は文書でください。

・2回来て2回とも同じ手口ということは、それは会社(KDDI)で教育しているか推奨している方法なんじゃないの?

■【KDDI】からの返事
・代理店(JTA株式会社)にはクレームが有ったという引き継ぎの書類を作成をさせていただく。

・謝罪は電話ではだめでしょうか? → 【私】ダメです、文書でください。

・私(電話口に出ている担当者)では文書でお返事するという確約はできません。

・JTA株式会社の方には今後絶対このような方法が無いように伝えます。

・折り返し連絡します。

KDDIとの会話の中でやたら「代理店特有の~」とか「代理店」を強調していました、あまりに何回も言うので、「代理店のせいにして、KDDIには責任無いの?」と言ってしまいました。
続きを読む

ある日の昼下がり、部屋でゆっくりしているとチャイムが鳴りました、インターフォンに出ると一人の男性が居ました。
男「すいませーん、えっとですね、このマンションでー、設備の交換をしたので、確認のためにお聞きしたいことがありますので、ご対応ください。」

私「はい。」 (あれ、このやり取りには覚えがあるぞ・・・あ、あれだ、auひかりのセールスだ・・・なんか詐欺みたいな方法だったから、前にクレーム入れた事があったっけ・・・でも違うかもしれないし・・・。)

【ドアを開ける】

私「ハイ何でしょう?」

男「えーっと、こちらのマンションのですね、機器の工事をしましたので、確認のために何点かお聞きしたいことがありますので、よろしいでしょうか?」

私「はい。」

男「ただいまどこかのインターネットのサービスにはご加入でしょうか?」

私「はい。」

男「それはどちらでしょう?」

私「◯◯ですけど?」

男「月々おいくらお支払いでしょう?」

私(やっぱりだよ・・・工事の業者がそんなこと聞くわけないもん、やっぱセールスだよ・・・。) 「◯◯円だけど、これって要はセールスなんでしょ?どこを勧めたいの?」

男(なぜかちょっと嬉しそうに) 「auひかりなんすよー、(持ってきた価格表を見ながら)でも今のままのほうが安いですね。」

私「前も同じ手で来たよ、 JTA株式会社でしょ?、今回で2回目だよ、どこの会社なの?もう来ないでね。」

男「JTA株式会社でした、失礼しましたー。」

【男が帰る】
続きを読む

「スライスチーズの異物混入で森永乳業(KRAFT)と西友に問い合わせた01」からの続きです。

“お尋ねの、フィルムのコーティング層は、ポリエステル系の樹脂を使用しております。”・・・なるほどわからん、食べて良いものやら何やら、でも少量なら問題ないでしょう、体内では不活性らしいし。

“また、フィルム状の物が剥離し、チーズに付着している状態は、通常(正常)な製品とは異なるものと認識しております。”・・・やはりそうですか、これ普通の状態じゃなかったのか。

“この度ご迷惑をおかけしたお詫びとしまして、よろしければ、クオカード600円分をお送りさせていただきたく存じます。”・・・そういうのはいらないです。

疑問はあらかた解決したので、森永乳業とのやり取りはとりあえずこれで終わりにします。続きを読む

いつも食べているスライスチーズ、ある日ふと気がつくと少し異変がありました、振り返ってみるとここ数日、いや結構前から食べたチーズには同じ異変があったような気が・・・。

異変の内容は、スライスチーズから周りのフィルムをはがす時に起きます、はがした後にチーズに、薄い、ごく薄いフィルム状の物質がくっついているのです、チーズのフィルムより格段に薄いものです。続きを読む

先日、秋葉原の刀剣茶寮でランチを食べたのですが(この記事です)、今度は夕食も食べてみたくなりディナーも応募してみた所、見事当選したので行ってきました。

秋葉原は相変わらず人が多く、メイドの格好の人や痛めの服装の人が普通に歩いている、自己表現に対して寛大な街です。

そんな秋葉原駅の近く、「刀剣茶寮」に2度目の訪問をしました。

前回、ランチを食べに来てからそれほど時間が経っていないので、刀剣のラインナップは変わっていないとは思いますが、それでもまた刀剣を愛でながら夕餉(ディナー)が食べられるかと思うと楽しみです。

例によってクリハラビルの前、集合時間の10分前に店頭で待っていると店員さんに呼ばれて入店、ディナーは90分の入れ替え制ですが、できるだけ堪能したいと思います。続きを読む

一部の刀剣に魅入られし者達(またの名を審神者(さにわ)とも言う)の間では話題の刀剣茶寮にランチを食べに行ってきました。

「刀剣茶寮(とうけんさりょう)」とは、秋葉原駅のほど近くにあるレストランで、芸術品レベルの刀や槍が展示してあり、それらを愛でながらご飯を食べるという、何とも粋な趣向のレストランです。

DMMゲームズの「刀剣乱舞(とうけんらんぶ、略してとうらぶ)」が大人気で、そこからの刀剣ブーム到来(因果関係逆だったらすいません)を追い風にして結構人気のレストランです。

食事は予約制をとっており、お店のサイトから希望日と時間を2候補指定して抽選です、めでたく当選すればメールが来るので予約時間の10分前に店頭に集合、本人確認をしてから席に通されます。

展示されている刀剣類は、ゲームの刀剣乱舞を開発したニトロプラスの社長、小坂 崇氣(でじたろう)氏が蒐集したり借りたものだそうです、いやが上にも期待が高まります。続きを読む

続きです。(前の記事はこちらです) ノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)見学の続きです。

霧の深い山道を、城まで徒歩で移動しています。

屋根が良い感じに苔むした休憩所がありました、城への順路が絵で標示されています。
ノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)
続きを読む

↑このページのトップヘ